月別アーカイブ: 11月 2014

青と白の水玉・・・ブルーカラー・ホワイトカラー

「ブルーカラー?ホワイトカラー?」と聞かれたら

あなたならどう答えますか?
私は「青と白の水玉」ですと答えるようにしたいと思います。

siro aoaoshiro

頭を使わないブルーカラーっているんでしょうか?
体を使わないホワイトカラーっているんでしょうか?

自分は考えなしで、会社から言われたからやってても楽しくもなんともない。失敗しても会社のせい、他人のせいにできるから、気楽だけど(無責任)、その分進歩しないから、つまんないよね。

どだい、仕事を区分けする事ってあんまり意味がないと思うけど、頭も体も両方使ってこそ、仕事が成立すると思います。
ブルーとホワイトの割合って上の絵の用、その日その時間によって変わります。
仕事ができる人ってこの切替が上手なんでしょうね。きっと!

Smart Simple Speed の3Sを
満面のSmileでおおって 仕事に遊びに全力投球しましょう!

疲れた時 KPOPで一服 パートⅡ

Sistar 「Touch My Body」Acoustic Ver.

このギターカッコいいでしょ?

対等苦(にがし)

最近、対等という言葉をよく口にする人を見かける。

こういう人に限って、資格や学歴や地位を持って
人の価値を決める「不平等」論者(対等と反対)や差別主義者ではないかと・・・。

自分の能力を他者よりあると過信する。
人それぞれの能力はそんな差はない、謙虚に努力さえすれば 一定のレベルまでには追いつける。(プロにはなれないかもしれないけれど)
「有難うとごめんなさい」が言える「謙虚さ」こそが「能力」を生み出す。

能力があるように見せかける。(できるふりをする)
「能ある鷹は爪を隠す」は一見、謙虚のように見える。
鷹は狩りをする時に爪を見せないで相手を油断させる。
これはカムフラージュ、平たく言えば「詐欺」である。
(異性に対しては「詐欺」に騙される傾向が強いと思う。
表現は良くないが、狩りをする側と狩りをされる側になるのだから)

本当の能力のある人は自分の弱点を認め、
素直にこれもまた「ありがとうとごめんなさい」が言える謙虚な気持ちを持っている。

「あの人は正社員ではないから・・・」・・・差別
「あの人と同じ資格をも持っているのに、何故私は・・・」・・・不平等

対等な関係とは何だろう?
相手に性別や地位にこだわらず、敬意を表す、信頼する事は大前提としても
自分の弱点を指摘された時に「批判」と感じずに受け止められる精神力も必要である。

対等を主張する人ほど、これができてないのではないか?


偉そうに書いてきたが、僕も感情に振り回され、人を傷つける事がいっぱいある。
自分の考えを押し付ける、余計なおせっかいをしてしまう。

日々反省、もっともっと謙虚にならないといけないと思う。

DayTripper 木屋町・先斗町・祇園

今日の出発点は哲学の道。

桜並木で有名だけど、桜の葉の紅葉も見事です。
20141122_081344sakura

朝8時過ぎ仮出社(仮出所ではない)して、
午後の約束の時間までの間、いざ街中へ!

目指すは巷(どこのちまた?)で話題の月餅屋(つきもちや)わらびもち。
開店前に着いてしまったので周辺をぶらり、
ホテルオークラ京都から(夜はこんな風だが)

木屋町二条へ
hoteruookursa
角倉了以邸前の高瀬川に浮かぶ船
20141122_084816_Burst01
昔は「大岩」という格調高いお店が、

今は「がんこ」、なんだかという感じだが・・・

(このあたりの古いビルには「ディスコ」とか飲み屋さんとか 昔の遊んだ匂いがまだ残っている気がした。)

少し南に下がり、忘年会予定地?の焼肉「弘」(ヒロ)の前へ
20141122_10034220141122_100803_Burst01
ヒロの裏側・・・鴨川の床
忘年会楽しみだ・・・来週も近くのがんこで別の忘年会が・・・

三条通りを西に、河原町へ
そういうとTiger ってまだ開店してなかったっけと思い、 そのビルを探しに行く。11/20にオープンしたばかりだった。
20141122_092331_Burst0120141122_092040_Burst01
20141122_092202
クリスマスならデンマーク って 何?
11時開店なので外から・・・
クリスマスまでに、行かなくちゃ!ならなくちゃ?
3階に国内初の新業態のゲームバー「Spilbar Flying Tiger」を併設

<はてなニュース引用>
3階のSpilbar には、イートインスペースの横に、卓球台やテーブルサッカーが用意されています。「Spil」はデンマーク語でゲームという意味で、「bar」はコーヒーやお酒を飲みながら人々が集まる場をイメージしているとのこと。楽しいという感情を共有することで、人と人との直接的なつながりを作りたい、という思いが込められているそうです。

自由に使えるボードゲームもあるので、テーブルでカフェメニューを味わいながらゲームを楽しむことも。買い物後にゆっくりと1人で休憩したり、大人数でゲームをしたりと、幅広いシーンで利用できそうです。

メニューはカウンターで注文します。フードメニューには、神戸市須磨区のホットドッグ店「Copenhagen(コペンハーゲン)」が監修したオリジナルの「フライング タイガー ドッグ」を用意。エスプレッソやカフェラテ、アメリカーノには、京都・北山のコーヒー店「サーカスコーヒー」の自家焙煎コーヒー豆を使っています。


まだまだ時間があるので、再び木屋町へ
長浜ラーメン・・・三日に空けず会社帰りによく通った。
20141122_100046
横道から先斗町へ
月一位でひとりで飲んでたバー
デートに使ったお好み焼き屋さん
もう今はなくなっている。
20141122_09334720141122_094350_Burst01
ふぐ食べたい季節です・・・
次は 祇園へ
20141122_094520
祇園の石畳 白川と鴨川の合流点
この辺歩いていると朝からも客引きが・・・
今朝もフィリピン系?の女性から「3万円でどう?」って声をかけられ、

「あらら」と慌てふためきました。
20141122_094949
一銭洋食・・・ここも定番、仕事帰り、

ちょくちょくでした。

なんやかんやで・・・
再び、三条木屋町に戻り、お目当ての品を求めて
月餅屋さんへ
わらび餅「売り切れ」!って
「10分位待ってもらったらできますよ」と店主のお言葉。
待つ事・・・約20分
お勘定の時、「領収書要りますか?」と言われる。
「いいえ」と答える。会社の経費で落とす人多いんやね。
やっと 待望のわらび餅。
値段聞いて びっくり? 1個190円だよ?
「みな月」も1本買ってしまったから
うーんちょっとですね。

会社に帰り(本日2度目の出社)
仕事でドタバタ、看護師さんを交えてのランチ、
看護師さん来社と 看護師さんづくし、
話すだけで元気をもらったけど・・・(寝不足解消)

で、一番食べてほしかった人(達)に

わらびもちが渡せなかった。(>_<)
「あー なんて日なんだ!」と

ここから転んでもただでは起きぬ性格がムクムク!
施設に昼食とおやつを提供してもらってるお店に
お願い方々、「差し入れ」する事に切り替える。
(俊敏・過敏なアクション!)

日常の気付きを拾うのが「小さな旅」の目的。
20年前、30年前に「ホームグランド」としてた地域。しばし、タイムスリップ!
懐かしい匂い・風を感じた。
一番「らしい」一日だったのかも知れない。

Fin

旅人の目・・・無知の知

いままで合計で3回デンマークに行った。

内、2回は3月、1回は5月だった。
特に印象に残っているのは5月に行った時。

この頃は「白夜」に近く夜8時頃でもかなり明るく
10時頃に日が沈む・・・
暑さが気にならない夏大好き人間なんで
昼が長いのは大歓迎!
(秋冬の長い夜の経験してみたいがちょっとつらいだろうな?)

WP_000177

観光旅行ではなく研修旅行なので、現地の人とよく話す。
学ぶ事ばかり。。。

人って何だろう?社会って何だろう?
何故デンマークができて日本ではできないのか?
その逆もある。。。

しっかり自己主張しないといけないとても厳しい国、
だけど、妙な安心感がある。
腹芸や、策を弄する事が必要がない。
人見知りで世渡り上手ではない僕にとっては
とっても居心地のいい時空間。

1週間ほどの滞在で、日本に帰って来ても
その後数か月位は、何故か心はデンマークにある気がする。

旅行中は帰る場所もない働いてもいない、
だから、当然の事として生活実感がない。

「可愛い子には旅をさせろ!」
旅をして本当は自分が何も知らない事がわかる。

「無知の知」
日常の中に疑問を持つ、「旅人」の目を持っていれば、 ふとした落し物を拾える。

心はデンマークに置いてこなくていい
自分の心にデンマークというしるしを残せばいいのかも?

人見知り 顔見知り

人見知りと顔見知りって「人」と「顔」だけの違いだけど 正反対といっていいほど意味が違う。

月に1回ぐらい、ひとりで飲みに行く。
人見知りの僕はそこでいろんな人と顔見知りになる。
顔見知りになってもいつまで経っても人見知りのまま。

人見知りを克服しようとは思わない。
100%と自分と同じ人などいないのだから、
その瞬間、その瞬間、どこかで繋がれば良い。

理想を追いかけるのは大事、だけど理想に埋没してはいけない。

人を想う気持ちを持てない人はとても悲しく、可愛そうに思う。
ひとりよがりって楽しくもなんともない。

物理的にずーと握手し続けることはできないけれど
imagesUN8J9GFW

限られた時間と空間の中で瞬間でも心を通わせる人達がいる。 それはとてもハッピー。
人を想う気持ちを持ち続ければきっといい人に出会える。
(高倉 健 の言葉)

と 「理想」論を語ってしまった。

ランチの制裁(リンチ?)・・・Lynch After Lunch

昨日、大好きな人達と近くのオステリア※1でランチをした。

お店の名前は「プリモ・ピアーノ」
(直訳だと「最初のゆっくり」京風でいうと「ごゆるり」というイメージかな?)

コースメニュー(フルコース※2ではない)なので
<前菜(アンティパスト)>
20141119_122211_HDR
<メイン パスタ(プリモ・ピアット)>・・・三者三様?
20141119_123530_HDR
<デザート・コーヒー>
20141119_125206_HDR

とても、とても、美味しい!
会話が弾む🎵 ころがり、脱線する!?
こう言う時は本当はワインを飲みながらゆっくりと過ごしたいところだ。
だが、「至福」の時間としてはあまりに短すぎ、
(移動時間を引くと休憩は50分を切ってしまう。)
アルコールが入ると午後の仕事にさしつかえる?

(イタリアやスペインではお昼休みは2〜3時間、
「シエスタ」というお昼寝の習慣もあるらしい。)

案の定というかこういう日に限って、午後は何かと気忙しい。

ランチの制裁・・・言い得て妙!
Lynch After Lunch 一文字違いで大違い!

イタリア風のスタイルで仕事ができれば
楽しい会話から自由な発想(アイデア)が浮かぶかもしれない。

会社(company)の語源は Com(共に)にPany(パンを食べる)との事。

そういえば、デンマークに行った時、研修(ミーティング)の時、必ず軽食とコーヒーが出た。
(時によってアルコールもあり)

食事と仕事を仕分け(区分け)しない方が、生活としては合理的かも?
つまりシンプルでスマートではないだろうか?

いつか、こういうスタイルで仕事がしたい!

大好きな人達と楽しく、きびしく(きびきびかな?)
いっぱい、いっぱい、仕事(遊び)をしたい!

以上
Thank You ! Baby ! (今日(昨日)のお二人に謝辞)


※1.マイナビウーマン引用
イタリアは飲食店の呼称がいくつも分かれている国です。格付けが高い順に、

・「リストランテ」
・「トラットリア」
・「オステリア」
・「バール」、「カフェ」

となっています。「リストランテ」はフランスのグランドメゾンと同じく、ドレスコードを要求されるような高級、またはやや高級な飲食店に用いられる呼称です。

日本のイタリア料理店の名前にもよく付けられている「トラットリア」は、ラフな格好でも入ることのできる大衆食堂のようなもの。「オステリア」はお酒もご飯も楽しめるカジュアルな飲食店。立ち飲みなど、さらにラフな感じの酒場が「バール」、そして軽食などが「カフェ」です。

また、その他には「ピッツェリア」というピザを中心に提供するカジュアルなレストランの呼称があったり、最近では台所を意味する「クッチーナ」という呼称もあるようです。


※2 イタリアンのフルコース

1.アンティパスト(前菜)
2.プリモ・ピアット(1つ目のメイン料理 パスタ類)
3.セコンド・ピアット(2つ目のメイン 魚料理か肉料理のどちらか)
4.サラダ
5.チーズ
6.デザート
7.コーヒー(エスプレッソ)