月別アーカイブ: 10月 2013

AOA 面白いかも?

新曲の「Confused」のVやTV番組を見て思った。
このグループってすごく変(変則的)です。
デビュー曲の「Elvis」と二作目の「Get Out」のVは
バンド部分がミックスされているのですが、
同じ曲をLIVEでは5人のバンド形式でやってたり
7人のグループ(ダンス有り)でやってたり
その結果歌うパートが違ったり・・・
これは研究価値?があるグループです。

Elvis Ace Of Angel なので天使として登場します。

 

Get Out 映画のシーン満載

「ティファニーで朝食を」(Mina)
「ロミオとジュリエット」(Seol Hyun)
「キル・ビル」(Hye Jeong)
「フィフス・エレメント」(You Kyung)
「トゥームレイダー」(Yuna)
「レオン」(Ji Min)
「キューティ・ブロンド」(Choa)
「ハリー・ポッター」(Chan Mi)

 

AOA Black Moya TV Live

KPOPとTwitter

KPOPのガールズグループのフォロー数が150を超えてしまいました。
それに反してフォロワーはほとんど皆無です。
この間Spicaのボヒョンからフォローされてびっくりしました。
ネット上のニックネームとして1996年頃から「PSY」を使っているせいか
本物のPSY(カンナムスタイルで有名になった)と間違われ、
G.na(ジーナ)からTweetされた事もありました。
韓国ではグローバルなFacebookやInstagramだけでなくMe2day(韓国のSNS)のアカウントだけの
タレントも多く見受けられますが、やはりTwitterが主力のような気がします。
Ladies Codeの5人も今年の9月頃からTwitter始めました。

image

名前はハングル表記だと全くわからないので、
英語表記のアドレスを作り、それをリンクさせています。
(Windows8系のPeople技というべきか?iPhoneやAndroidではできるのかな?)
もちろん、Tweetの本文も多くは韓国語なので内容が全くわかリませんが、
追っかけのブログで英訳・和訳してくれたり、写真と同時投稿している場合はそれで十分です。
曲紹介等は英語のTweetも多いし、、「歌ウマ」さんは英語曲をよく歌うし、
グループ内には英語がネイティブなメンバーが一人はいます。
(「AfterSchool」・「Simply KPOP」という歌・バラエティー番組もMC進行は英語)
また、ごくまれに日本語でTweetしてくれる場合もあったりします。
(日本語ネイティブ?もスヨン(SNSD)カウン(After School)リセ(Ladies Code)リコ(Rania)等)

韓国芸能人のツイッターアカウント http://korea-twitter.com/
韓国芸能人のインスタグラムアカウント http://www.kpop-instagram.com/

こんなページもありますよ。

Galaxy Note 3 と Galaxy Gear

最強のスマホ Note 3 とヨチヨチ歩きの Gear

H_LandingKV-1-1
6インチの Lumia 1520,
噂のHTCのAndroidとWindows Phoneのデュアルブートの端末

待つべきか? うーん悩みどころです。

ニコルからKamiliaへ・・・

私の大切なカミリア
KARAの再契約と解体説で心配させて…
傷つけもしてしまい、申し訳ありません。
しかし、私もKARAのグループの一員として一生懸命に活動している状況で、日本ツアーも控えている状況で…
突然、私の脱退説と再契約するかどうかが記事になり、困惑し戸惑いました。
それでも私の心を伝えたくて、こうして文を書きます。
最も重要なことは…
私はKARAのメンバーとしてスタートし、最後までKARAのメンバーとして終わりたいんです。
でも、現在の所属会社との再契約ができない為、KARAのメンバー交代するという記事や関係者のインタビューを見て…とても息苦しくて混乱しました…
DSP事務所との再契約はKARAとしての再契約ではなく、アーティストとしての所属契約だと思います。
会社の所属アーティストではないが、今まで一緒にしてきたグループを継続する為の方法を探す事ができるのではないかと思っています。
私はただ1人の人間です。
私1人の問題によってKARAが解体されたり、メンバー交代するのは間違いだと思います。
ですから、所属事務所契約とKARAメンバーとしての契約は分離してもいいのではないかと思いました。
そうすれば、私的な仕事と公的な仕事に区分できるのではないか、と考えてみたのです。
私はまだ多くの目標を持っています。
だからKARAの活動に最善を尽くしながら、私を再び作る為に努力をしたいんです。
その為に、私には多くの時間と努力が必要だと思います…
こうして、私の個人所属の問題は私の未来の為に投資してみたくて、DSPと所属の再契約はしないことに決定しました。
KARAとして私達にKamiliaからたくさんの愛を受けてきて、皆様にもっと良い姿を見せたいと思っても、仕事がどんどん大きくなり、皆さんも傷つけてしまい、私も…心が痛いです。
再契約とともに脱退やメンバー交代などの話を聞き、私も心がとても痛かったです。
そしてKARAというグループは、もう一人だけのものではないと思います。
それだけ私もKARAのメンバーとしてKARAに対する責任があると思うので上記のような考えをしました。
しかし、皆さんとKARAの関係者の方々が私と違い、それは不可能な事だとおっしゃるなら、私はチョン・ニコルという一個人に帰らせていただきます。
所属事務所との再契約とは関係なく、私はKARAのメンバーとして活動する事を約束します。
私は今も、そしてこれからもKARAを愛しているし、KARAのメンバーとして活動しているのが幸せで…
KARAというグループは私にとって、あまりにもに大きな存在です。
私達を愛してくれて応援してくれるみんなにとても感謝します…

Kamilia思いのニコル

ニコルの件はたけさんの「明日出来る事は今日やらない!」のブログのコメントが一番適切だと思います。

————————————————————————————————————-
KARA Kamiliaとして・・・<全文>

東スポから飛び火し、DSPまでも巻き込んだ解散報道。
先の記事でDSPの見解をアップしましたが、
その後、正式なコメントが発表されました。
以下は韓国での報道記事の抜粋です。
『DSPメディアが、解散説が浮上したKARAの韓国国内の契約に関する公式立場を発表した。
DSPメディア(以下「DSP」)は4日午後、「本日報道されたKARAとDSPメディアとの韓国国内の契約に関連し、所属事務所の公式立場を発表する」という文章と共にメンバーそれぞれの契約進行状況について詳細に伝えた。
この公式報道資料によると、ギュリ&スンヨン&ハラの3名は2年間の再契約を終了し、今後の活動をDSPと共にすることを決定した。
一方、他のメンバーと違い、来年4月に契約満了を迎えるジヨンは、今後の歌手活動や学業などの進路について、もう少し時間をかけて検討することとなった。
また、この関係者はニコルについて「DSPとの再契約の意思がないことを明らかにし、1月に予定通り契約が満了となる」と明らかにした後、「KARAは、一部のメンバーが再契約せず脱退しても、グループは解散せずに国内及び海外活動に引き続き注力していく予定」と説明した。』
DSPが発表した公式コメントは以下の通りです。

こんにちは。DSPメディアです。
本日報じられたKARAとDSPメディアとの韓国国内契約に関連し、次のような所属事務所の公式立場をお知らせいたします。
1、パク・ギュリ、ハン・スンヨン、ク・ハラの3名は2年間の再契約を完了し、今後の活動をDSPと共にすることとなりました。カン・ジヨンは他のメンバーとは違い、来年4月に契約が満了する関係で歌手活動や学業などの進路について、もう少し時間をかけて検討することとなりました。
2、チョン・ニコルは、DSPと再契約の意思がないことを明らかにし、来年1月に予定通り契約が満了します。
3、KARAは一部メンバーが再契約せずに脱退しても、グループは解散せずに、国内及び海外活動に引き続き注力してゆく予定です。KARA事態の時も、情報は二転三転しました。
「月給8万円」とかスンヨンパパがギュリを非難したりとのねつ造もありました。
午後早い時間での解散は無い、というDSPのコメントから
一転してこのコメント。何がどうなっているのか、と戸惑っている人も多いと思います。

でも、自分達はKamiliaです。KARAの家族です。
何よりも信じあうのが家族でしょう?何があっても最後まで味方なのが家族でしょう?
信じなければならないのはマスコミの報道ではなく、メンバーです。
メンバー本人のコメントです。
事務所の発表だから、と悲しんでいる人もいるでしょう。
でも、事態の時も、結果的にDSPのコメントとは裏腹に丸く収まりました。
絶対の絶対ではないんです。
何故、ニコルが契約延長しないのか?それは海外留学の為というハナシも出ています。
他の4人はみんな大学生ですが、ニコルも出来れば大学に行きたかった、という発言もしており、
うなずけるハナシではあります。
でも、もし仮にそうだとしたら、笑って送りだしてあげるのも家族なのではないか?
信じる、という言葉とは矛盾する様ですが、そんな風にも思うんです。
自分は、5人のメンバーが、彼女達らしくいられて、健康で笑顔でいてくれれば
それで充分なんです。
KARAという素晴らしいグループをいつまでも観ていたいですが、
それよりも、彼女達自身が幸せである方を望んでいます。
ニコルの決断が本人と、そして他の4人の意思で決定したのであれば、
自分はその決断を支持するし、応援します。
例えKARAというグループが現在進行形ではなくなったとしても、KARAを愛し、5人を愛している限り、Kamiliaだと思います。
そういう意味で、5人のメンバーにはKamiliaが付いていると、安心して信じた道を進んで下さい、
と伝えたい。
そして今はとりあえず、全力でKARASIAを楽しもうと思います。
こんなにも大勢の家族が居る事を伝えようと思っています。
————————————————————————————————————-
アメリカ国籍で最初は韓国語が話せなかったニコル。
そういうハンディキャップを克服し、交友関係を広げ先輩・後輩からも慕われるニコル。
幼かったジヨンを、おとなしかったハラを引っ張っていったニコル。
新しいもの発信はいつもニコルから。
コンサートや音楽番組で1位にを取った時、Kamiliaのへの感謝のコメントはいつもニコル。

ニコル ファイティン!