月別アーカイブ: 1月 2010

共有ブログ、SNS、Twitter

京都造形芸術大学の学生さんとプロジェクトを始めるにあたって
共有ブログを考えたのですが、SNSかもしれないと考え
FaceBookに登録して、なぜかTwitterまで始めました。
昔の掲示板感覚が強く、イマイチ最近のシステムを理解できてません。
また勉強、勉強です。

広告

Microsoft 無料ソフト

MicrosoftもVistaの失敗からWindows7では大きく改善の方向が出ています。
高いハードやソフトを買える、操作が手早い人が技術があるみたいな風潮でした。
Office2007もユーザーインターフェースの大幅な変更を理解しようとしない人が多かった。

これからは技術の本質をみる目を持つ、
例えばソフトの試用版を使いながら不要・不要を選別していく事でそれは養われていくと思うのですが・・・

<セキュリティーソフト>
市販のPCを買うとノートンとかマカフィとかセキュリティソフトがプリインストールされています。
これらは使用期限が過ぎると有償になります。
セキュリティやバックアップ等のPCの保護は大切ですが、Officeのように日常的に使わないソフトの場合、
あれば良い程度しか考えない人が結構多いのではないかと思います。
(こんな所にお金をかけるのはもったいない)

Microsoft から Security Essentials という無料のセキュリティソフトが出て事います。

http://www.microsoft.com/security_essentials/default.aspx

使用感:動作軽いです。

 

<Office 2010 Beta>

昨年の暮れからOffice 2010 Beta版を使ってます。
年賀状もPower Point(デザイン)と Word(宛名)のコンビプレイでやっつけました。

Wordもナビゲーションウインドウという長文の編集には便利な機能がついてます。
最近ハマっているOneNoteも今回から単体販売よりパッケージ化されるみたいですし・・・

今年の10月までですがこれは試用の価値はあると思います。

 

http://www.microsoft.com/japan/office/2010/beta/default.mspx

 

Office Home and Business 2010 (Word,Excel,PowerPoint,OutLook,OneNote)

Office Professional Plus 2010(Word,Excel,PowerPoint,OutLook,OneNote,Access他) 

Windows Live ID が必要です。

windows7とメールとブログ

①Windows Live Mailをダウンロードします。

Windows 7には標準ではメールソフトがついていません。
Windows Live おすすめパックをダウンロードします。Essentials – Windows Live

メール・・・ブラウザ以外のメールソフトが不要、
      メールアドレスやログインID、パスワードを覚えるだけどのPCからもOK
*おすすめパックにはMessenger・Writer・フォト ギャラリー・ムービー メーカー等がついています。

②ブログを始める・・・その前に

Windows live IDを取得します。Office2010Beta版等にもダウンロードに必要なのでです。

Windows Live Hotmail のアカウントのサインアップをします。

 

<Windows Live Spaces >

Windows Live スペースとは、Microsoftが提供しているブログサービスの名称

Windows Live スペースはブログを基本としながらSNSの要素が多分に盛り込まれたサービスとなっている。
例えばブログに公開レベルを設定し、友人たちの間だけで日記を見せ合ったり、あるいは紹介を通じて友人を増やし、メッセージを交換し合ったり、という楽しみ方ができる。

Windows Live スペースは、Windows Liveの他の機能やサービスとの機能連携も図られている。
例えば、Windows Live メッセンジャーのプロフィール欄をブログと連動させたり、
Windows Media Playerのプレイリストと連携させたり、といったことが可能である。(IT用語辞典BYNARY)

  <Windows Live Spacesの機能>・・出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

  <スペースのカスタマイズ>
   ガジェットの表示 ・・・Windows Live Galleryより入手したガジェットをスペースのメインページに表示できる。
   テーマやモジュール、レイアウトなどの編集 ・・・自分の好きなテーマや画像などをスペースの背景に設定できる。
   アクセス許可 ・・・いろいろな種類の公開レベルを指定できる。
   ブログ記事に動画を貼り付けできる ・・・Flash の動画をブログの記事中に貼り付けることができる。
   写真についての機能・・・1つのスペースへ毎月500枚まで写真のアップロードできる。
            アップロードされた写真に説明やコメントを付けることができる。
  <その他の機能>
   Amazon アソシエイト ・・・スペースで Amazon アソシエイトを使用すると、購入された金額に対して一定額の報酬を得ることができる。
   電子メールでの投稿 ・・・携帯電話などから電子メールを使用して、ブログの記事や写真を投稿できる。
   アクセス情報 ・・・どのサイトを使ってスペースを訪問したか、詳しく参照できる。
   ダッシュボード ・・・自分のスペースの状況を簡単に参照できる。
   メッセージの送信 ・・・自分のメールアドレスを知らせずに相手とのコンタクトをとる。
   友人リストの追加 ・・・スペースを通して友人をつくることができる。
  

     <Windows Live SkyDrive>、
      25 GB の大容量が無料で使えるオンライン ストレージ。ドラッグ&ドロップするだけでアップロード

Get back with Windows7!

1996年にWEBサイトを立ち上げてからも13年、

掲示板やブログもいくつか作っては「ほったらかし」だった。

とりわけこの5年程は刺激的な要素はなかった気がしている。

Ms-Dos、Win3.1、Win95、Win2000、ここで一旦停止した。

昨年の夏、Windows7と出会うまでは・・・

ありがとう!「7」& 勝間和代さん

フレームワークと民主主義

IT有効活用率が世界一であるデンマーク、日本は19位。

デンマークにはC++やPHP等のオリジナルの言語を加工し、実用化する技術がとても優れている。
プログラムだけではないSkypeもデンマークから発展している。

webアプリケーションのフレームワークといえばRuby on Rails。
デンマークのプログラマーであるDavid Heinemeier Hanssonにより作成されたものです。
このRubyと言う言語は「まつもとひろゆき」さんが作った言語です。

東大発のTRONもそうですが、日本は技術力は優秀であっても実用化できません。

ブログ・ログ・ログオン

ログオンとログインの違いとは何?ってことで
ネットで調べてみました。
UNIXやLinuxのシステムは『ログイン』『ログアウト』
Microsoft社のシステムは『ログオン』『ログオフ』
但し、Microsoftでもログオンとログインという用語を使い分けて用いている。
ログオン : 端末の使用を開始するとき
ログイン : ネットワークに入るとき
Windowsやその前身のLAN Managerは以前から認証処理を分散化させていた
ので、特定のサーバに限定せずネットワーク全体に乗っかる(on)イメージの用語
としてログオンを使うようになったらしいです。
ログインは特定のサーバに入る(in)ようなイメージだそうです

 船では速力計のことを「ログ」と言います。本来、ログとはログ・ハウスのように「丸太」のことです。
それではなぜ、速力計のことを「ログ」と言う様になったのでしょうか。いまだ航海計器が発達していなかった時代、
船の速力を測る一番簡単な方法は、船首から海面に丸太を投じ、
それが船尾に流れて来るまでの時間を測定し、船の長さとこの時間によって速力を計算するというものでした。
帆船時代には正確な航走距離を知る為に、風向や風速が変化する度にログを海に投じて速力を計測しながら航海したのでしょう。
そのなごりで、現在でも速力計の事を「ログ」と言います
船では航海中、毎時間の針路、速力、航走距離、天候、その他を日誌に記録しながら航海しますが
この日誌を航海日誌と言い、英語ではLog Bookと言います。
甲板部の日誌をデッキ・ログ・ブック、機関部の日誌をエンジン・ログ・ブックと言います。
因みに、航空日誌もログ・ブックと言うそうですし、陸上の各種業務日誌もログ・ブックと言うそうです。
また、ログと言う言葉はパソコンなどでも「記録する」と言う意味に使われています。

ブログの語源は、「Web(ウェブ)」と「log(ログ)」の造語「weblog(ウェブログ)」で、「Web上に残される記録」を意味する。
この「weblog」が略され、「blog(ブログ)」となった。

ノートPCの[Fn]キーについて

ノートPCのキーボードはキーの数が少ないので、上下左右の矢印(カーソル)キーに
[PageUp][PageDown][Home][End]のキーが割り振られています。
これらのキーを使うには、[Fn]キーを押しながらでないと機能しません。

Wordで長文の編集を行う場合に
複数ページ間の移動をマウスクリックや矢印キーの移動は面倒な作業です。
たとえば次のページに移動する時に
[Ctrl]+[PageDown]というキーボードショートカットを覚えておくと便利です。

つまり、ノートPCの場合だと[Ctrl]+[Fn]+[↓](PageDown)となります。